私の脱毛までの長い道!

健康的な女性
私が脱毛に通い始めるまでは相当長い道のりでした。

なんであんなに遠回りしてしまったのか自身でも理解いただけません。

必然的に行きたくなかったです。

そのような私の頑なな心境を変更してくれたのは私の親友でした。

必要ない毛にコンプレックスがあるのはあったんです。

昔少々必要ない毛が多々あると言われていまして、クラスの少女に言い回られた事がありました。

でも脱毛に行くというのは自身の中で「逃げだ」と言う意識が強くて、そのような事をしたらダメなようなそのような心情になったのです。

何を思ったのか必要ない毛と向き合って生きて行かないといけないという心情になって脱毛を頑なにしませんでした。

でもそのような私に親友が「そこまでして脱毛を拒む要因は何?」と聞いてくれたのです。

私はそれを聞かれて、自身でも訳がない事に気づきました。

勝手に脱毛をしたらダメだと思い込んでいる私に友人が逃げじゃない事を諭してくれたのです。

今時脱毛に行く人なんてどんだけでもいるし、必要ない毛をそんなに命懸けになって剃るなら脱毛した方が必ずいいといいと助言してくれて、私はその助言を受け入れました。

こうしてやっと脱毛に行きました。

現実に長い長い遠回りをしてしまったと考えます。

私の親友のコメントはすごく正しかったのです。

必要ない毛を脱毛してからは何故これを「逃げ」だと思ってしまったのかと頭を抱えました。

私に現実に正しい道を示してくれた親友の会話に助けられました。

医療脱毛の施術時間

ムダ毛処理をする女性
脱毛サロンの施術は一定の期間がかかりますが、医療係で行う脱毛というのはどれくらい速いのでしょうか?
普通に箇所によって違いますが、医療用の脱毛というのは使用する機材がエステサロンのものに比べると威力は高いですが、エステサロンと比較してもそんなに時は変わらないといえます。

脇ところとかなら早ければたった5分から10分くらいで終了しますし、ビキニライン付近あら10分から15分、腕や、ひざ下、背中といったところなら30分から40分くらい、全身脱毛なら1時から1時半くらいと言った感じで時を要します。

他にも諸々な箇所がありますが、これとエステサロンとの施術時を比較しても、若干の差異はあってもあまり変わらないです。

ですが一回の施術の期間が変わらなくても、通わなければならない時を思い描くとなると医療用脱毛のほうが全然速いのは間違いはないのです。

脱毛がすべて完了する期間はエステサロンと比較しても二分の一くらいには縮小する事もできるです。

医療用の脱毛であっても、エステサロンであっても普通にやる事は同じですので施術時はほぼ変化しません。

異なるとすれば施術した人の腕とかによって変わってくる事はあるでしょう。

何度も通ったりしたり、忘れて加えてやり直しというような危険性があるものよりも、素早く終わらせられた方がいいという面では医療用の脱毛のほうがいいと考えます。

脱毛サロンに通う際の注意点

脱毛サロンに通う女性
脱毛サロンで施術を受ける際に、注意すべき点が何点かあります。

それらを知らずにいた事で考えもしなかった挫折をする時もありますので、そうなってしまわないように今後ご解説をさせていただく極意には用心なさってください。

真っ先に、脱毛サロンは遅刻やドタキャンは厳禁です。

遅刻をしてしまう、時によっては予約がキャンセルになるという脱毛サロンもありますし、ドタキャンをすると脱毛1回分消化やキャンセル料が必要になるなどのペナルティがかかってしまいます。

キャンセルはキャンセルでも、ドタキャンではなく前日などにちゃんとと連絡をすればペナルティなしというところもあります。

とにもかくにもドタキャンはペナルティがある脱毛サロンが多々あるので、キャンセルをするのであればなるべく早くちゃんとと連絡をするようにしましょう。

さらに、遅刻とキャンセル以外にも脱毛サロンに通う時には気をつけるべき事があります。

それは、日焼けです。

脱毛サロンに通っている間に日焼けをして肌が黒くなってしまうと、脱毛サロンで脱毛ができなくなる見込みが出てきます。

他にも、肌自体脱毛をしている時には敏感で、負担も多くかかっている状況です。

そのような中日焼けというダメージを与えてしまうのはお勧めできません。

ここでご解説をした事は、皆さん脱毛サロンに通う時には気をつけるようにしてください。

そうすれば、間違いなく心地よいに脱毛サロンに通えるでしょう。

脱毛で後悔しないために

私は自身が毛深い事を恥じていました。

だから本気になって毛深さを隠してきたのです。

でもこれって限界がきます。

私は近いうちに必要ない毛の処理に追い込まれるのが苦しみと感じてきて脱毛を考慮しました。

脱毛をする事で毛深いと気づかれる事へのおそれ感を無くしたり、必要ない毛の処理の大変さから解放されたいという想いが強かったんだと考えます。

このような所以で私は脱毛をやりたいと考慮したのでした。

ただそう思ったから直ちにに脱毛をしたわけではないのです。

ものには下下拵えというものがあります。

だから私は脱毛についての事を徹底的に調査して見る事にしました。

その上様々な事を知る事ができたのです。

一例を挙げれば脱毛をするならレーザー脱毛と光脱毛とニードル脱毛(電気針脱毛)があるという事です。

これらには各々の特色があり、良い面と悪い面があります。

脱毛の威力が高いのはレーザー脱毛で安さを優先するなら光脱毛で日焼けしていても受けられるのはニードル脱毛など各々の特色があるんです。

かくの如き事を学習しだ上で脱毛をしたら、喜びの行く脱毛を受けられました。

調査して良かったと思っています。

私の仲間は何気なく行きはじめた脱毛施設で火傷させられ挫折しましたからね。

脱毛施設選択しも大切です。

脱毛で間違いしたくないなら、絶対前もって仕込みに脱毛の事を勉強しでから行ってくださいね。

脱毛に勤しむ女性